離婚届の証人の本籍の記載は必須?

離婚届の証人の本籍の記載は必須?

離婚届の証人の欄。
これは証人の氏名、生年月日、住所、本籍を
書く欄があります。

 

この内容は正しくなければいけません。
間違っていた場合、受理されないかというと
必ずしもそうとはいえないところもありますが、
本籍が完全に抜けていると、受理されるのは
難しいと考えられます。

 

証人となる方には本籍がわからないというような方も
いらっしゃるかもしれません。最近は免許証にも
記載がなくなったため、住民票や各種証明書を
取り寄せないと正確な情報がわからないという方も
多くなっているかと思います。

 

なかなか証人に必要な情報がわからない、
証人になってくれることが難しい等のことが
ございましたら是非当事務所の離婚届の証人サービスを
ご検討ください。

 

証人を誰に頼むか等を悩むことなく、
2名もしくは1名分、当事務所の行政書士が
署名・押印させていただきます。

 

関係者に依頼するよりもトラブルがなく、
またまったく知らない一般の代行業者よりは
専門家ということで守秘義務等安全性が高いのでは
ないかと思います。

 

サービス・依頼の詳細につきましては
離婚届証人代行のトップページをご確認ください。

 

離婚届証人代行 トップページ