離婚届の証人が必要な場合とは?

離婚届の証人が必要な場合とは?

離婚届には証人欄があり、2人の証人に記入・押印
するようになっています。

 

では、この離婚届の証人がいるのはどのような
場合なのでしょうか?

 

それは「協議離婚」の場合となります。

 

また逆に「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」の
場合は離婚届の証人は必要ありません。

 

何らかの調停・審判・裁判という第三者の関与を
受けて決定した離婚ではなく、協議=お互いの話合いを
して成立した、という円満に離婚した状態である場合、
証人が2名必要になるということになります。

 

この証人は絶対に用意しなくてはいけず、省略することは
できません。
離婚の証人には成人であれば誰でもなることができますので
両親でもいいですし、兄弟でもいいですし、友人や会社の人で
あっても問題はありません。

 

ただ、なかなか現実問題として、友達に離婚届の証人を
頼めるかというと難しい人も多いのかと思われます。

 

確かに責任を求められるようなものではありませんが、
おめでたいことではありませんので、ある程度理解のある人で
ないと、よくない雰囲気となってしまうかもしれませんし
リスクを恐れて書いてくれないという人もいるかも
しれません。

 

また自分自身があまり他の人におおっぴらに離婚の事実を
見せて書いてもらいたくないと考える方もいるかとも
思います。

 

そのような場合は是非離婚届の代行のサービスを
ご利用をご検討ください。

 

 

料金や手続きの方法の
詳細につきましてはTOPページをご確認ください。

 

 

離婚届の証人 TOPページ