離婚届の書き方「証人」について

離婚届の書き方「証人」について

離婚届の書き方について証人の部分を
どうしたらいいかわからないという声も
あります。

 

証人の部分は協議離婚の場合だけ必要となっており、
裁判や調停、審判等を介して離婚する場合には
記入は必要ありません。

 

この証人の部分には 
・証人の署名
・押印
・生年月日
・住所
・本籍
の記入が必要とされます。

 

20歳以上の成人している方2名の証人が
必要になるということです。

 

またこの証人欄は自筆で書くことが前提とされており
印刷されたものであってはいけません。

 

証人の2名が同姓であった場合はそれぞれの別の
印を押してもらうということになります。

 

 

なかなか2人の証人を見つけるというのは
同居している話しやすい家族がいる等でもない限り
難しいところがあると思います。

 

そういったときには是非離婚届の証人の代行サービスを
ご検討いただければと思います。
少ない費用で、誰にも迷惑をかけず、署名をすぐに終わらせることが
可能です。直接お会いしてでもいいですし、郵送でも対応は可能です。

 

詳細についてはトップページよりご確認をお願いいたします。
離婚届の証人トップページへ